お知らせ|脱炭協いいだ

脱炭協いいだ
お知らせ
<< プラスチックごみの削減に向けての取組み | 戻る | エコ講座が開催されました >>
世界の野生生物が40年で平均68%減少している

CNNの記事からです

 

世界自然保護基金(WWF)は、世界の野生生物の個体数がわずか40年あまりで

平均68%減ったとする報告を発表した。

 

報告書によると、調査対象とした哺乳類、鳥類、魚類、爬虫類、両生類

4392種あまりで、1970〜2016年にかけて個体数が減少していることが分かった。

これほどの急減は、過去数百万年の間見られなかった現象だとしている。

 

特に深刻だったのは中南米とカリブ海地域で、野生生物の個体数は平均で94%減った。

 

中略

 

人間による自然破壊は、新型コロナウイルスのように動物から人に感染する

疾病のリスクをもたらすとWWFは指摘。

WWF米国代表のカーター・ロバーツ氏は、「野生生物がサプライチェーンに

長くととまるほど、野生生物の病気が人間に波及するリスクは高まる。

我々はパンデミックの脅威とロシアンルーレットをやっている。そして

いずれは我々が負ける。新型コロナウイルスはその始まりにすぎない。」と

警鐘を鳴らした。

 

 

気象変動問題に真剣に取り組む必要があります。

お知らせ00:00
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
最近のお知らせ
カテゴリ
アーカイブ
リンク
お知らせ検索
RSS配信中