お知らせ|脱炭協いいだ

脱炭協いいだ
お知らせ
<< レジ袋有料化 | 戻る | 今日は七夕 >>
「環境と暮らし」 県民意識調査について

6月19日の信濃毎日新聞に、県民意識調査の結果が載っていました。

 

地球温暖化防止のために実現が目指される二酸化炭素(CO2)排出量ゼロの社会について、

59.3%が「再生可能エネルギーの普及や省エネ技術の発展等により、今と同じくらい便利な社会」

9.9%が「高性能な住まいの普及やスマートシティの形成等により、今より快適で便利な社会」

6.6%が「エネルギーを極力使わないよう我慢を強いられる不便な社会」

 

69.2%が今と同じか今より便利な社会だとイメージしていることがわかりました。

 

そのために協力できることには、

57.8%が「住宅の省エネ化」

40.5%が「太陽光発電による自家発電」

 

省エネ と 創エネ ですね。

太陽光発電は蓄電システムをつけて使うことが災害時にも役に立つようです。

お知らせ00:00
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
最近のお知らせ
カテゴリ
アーカイブ
リンク
お知らせ検索
RSS配信中