お知らせ|脱炭協いいだ

脱炭協いいだ
お知らせ
<< 小鳥のたまご つづき | 戻る | レジ袋有料化 >>
脱炭協 6月定例会が開催されました

6月定例会が、6月25日木曜日に開催されました。

 

今回は、長野県の環境課題に対する県及び南信州地域振興局の取組みを

南信州地域振興局 中谷環境課長からお話をお聞きしました。

 

長野県知事は令和元年12月6日に気候非常事態を宣言しました。

 

要旨は

世界各地で異常気象が頻発しており、この要因は気候変動であると言われている。

この気候変動が地球上の人間社会の存続を脅かしている。

このままでは、未来を担う世代に持続可能な社会を引き継ぐことはできない。

将来世代の生命を守るため、2050年には二酸化炭素排出量を実質ゼロにする。

 

https://www.pref.nagano.lg.jp/ontai/documents/kikohijyojitaisengen.pdf

 

 

2050年二酸化炭素排出量を実質ゼロにするための取組みとして

令和2年4月1日、長野県気候機器突破方針を策定しました。

 

省エネに取り組みましょう。

再生可能エネルギーの利用をしましょう。

 

関連資料も合わせてご覧ください。

 

https://www.pref.nagano.lg.jp/ontai/happyou/200401press.html

 

 

私たちが、今この瞬間から取り組んでいかないと、未来の子供たちが

安全に安心して生活することができなくなります。

昨年の台風19号は、改めて自然の驚異を感じましたし、

ここ数年の大雨や熱波には気候が変だと感じます。


再生可能エネルギーの利用について考えてみましょう。

 

お知らせ00:00
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
最近のお知らせ
カテゴリ
アーカイブ
リンク
お知らせ検索
RSS配信中