エコカフェいいだ|お知らせ

エコカフェいいだ
お知らせ
<< 北極上空にオゾンホール、記録的な大きさ | 戻る | 2018年度の温室効果ガス排出量が5年連続で減少 >>
レジ袋が多く漂流している海はどこ?

環境省が海に流れ出たゴミの状況を調べたところ、

関東や東北の沖合でレジ袋が多く漂流していることがわかりました。

 

環境省は東京海洋大学などとともに、おととし6月から去年2月にかけて

日本の周辺海域470地点で、漂流しているゴミの種類や量を調べました。

 

その結果、

レジ袋は神奈川県沖で最も多く見つかり、

1平方キロメートル当たり最大で52個漂流していました。

東北の沿岸からおよそ450キロの沖合で42個確認されました。

 

発砲スチロールは、山口県の日本海側の沖合で最大73個、

島根県沖で51個、香川県沖で42個確認されました。

 

ゴミが集中している場所は、前回の調査と傾向が同じだということです。

環境省は海流や風などの影響を受けて特定の海域に運ばれていると見ています。

 

海がない長野県でも、水路から川へ、川から海へとゴミが流れていくかもしれません。

自分たちが出すごみの処理の仕方を考えなければいけないですね。

お知らせ00:00
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
最近のお知らせ
カテゴリ
アーカイブ
リンク
お知らせ検索
RSS配信中