エコカフェいいだ|お知らせ

エコカフェいいだ
お知らせ
<< 今日は何の日? | 戻る | 電動自転車を利用しませんか? >>
バーゼル条約の改正で暮らしの見直しが必要です

プラスチックは軽くて丈夫で便利です。

ペットボトルやレジ袋をはじめ、生活の中にたくさんのプラスチックがあります。

しかし、便利の裏に使い捨てという問題があります。

 

バーゼル条約は、有害な廃棄物の国境を越えた移動を規制する国際条約です。

2019年5月に開かれたバーゼル条約の国際会議で、汚れた廃プラを条約の規制対象にしました。

 

日本は廃プラスチックをアジアの諸国にリサイクルできる資源として輸出してきました。

そのなかに、たばこの吸い殻の入ったペットボトルや食べ物で汚れたものがあり、処理されずに

環境問題となりました。

今後、汚れた廃プラの輸出が難しくなり、私たちの生活で出る廃プラは国内で処理をしなければなりません。

焼却すれば、CO2が発生します。

 

汚れた廃プラを出さないことも必要ですが、

そもそも論で、プラスチックの量を減らすことを考えないと、廃プラだらけになってしまうかもしれません。

 

使い捨ての考え方を改める時期です。

-|00:00
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
最近のお知らせ
カテゴリ
アーカイブ
リンク
お知らせ検索
RSS配信中