エコカフェいいだ|お知らせ

エコカフェいいだ
お知らせ
<< 〜想いをひとつに 支援の輪を広げよう〜 | 戻る | 環境講演会 気候変動リスクと「卒炭素」への道  が開催されます >>
令和2年1月定例会が開催されました 「山崩れのメカニズムを知る」を学びました

1月定例会が開催されました。

 

ここ数年、毎年のように台風や豪雨で甚大な災害が日本列島を襲っています。

地球温暖化による海水の温度が高くなっていることが原因と言われています。

 

この気候変動に適応して生きていくために

 第1弾として

「山崩れのメカニズムを知る」

 

講師は当協議会の島田会長です。

 

初めに、山崩れと地滑りの違いから

山崩れは風化の進んでいる花崗岩の山地に大雨が降ると、水が集まる谷型の斜面での表層の崩壊がおこること。

地滑りは斜面の土塊が滑る現象で非常にゆっくり動きます。

山腹や道路に亀裂が生じたり、水が湧き出したり、地鳴りがします。

 

次に近年耳にすることが多くなった「深層崩壊」

表層崩壊は崩壊の深さが0.5〜2メートル。継続雨量50ミリ以上で発生する恐れがあります。

50ミリを超えたら安全な場所へ避難するようにしましょう。

深層崩壊は崩落の深さが数10mの大規模なもので、

連続雨量が400ミリを超えると深層崩壊が起きる恐れがあります。

昨年の台風19号で箱根町で942.5ミリの日降水量を観測しました。

 

自分の命は自分で守るために

自宅の周り(山や川)、避難所の場所、避難所までの経路を確認しましょう。

 

お知らせ00:00
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
最近のお知らせ
カテゴリ
アーカイブ
リンク
お知らせ検索
RSS配信中