エコカフェいいだ|お知らせ

エコカフェいいだ
お知らせ
9月の定例会を開催しました

9月の定例会を開催しました。

 

講師:島田洋治

テーマ:「地球温暖化問題」は「エネルギー問題」

 

今回は、

地球温暖化問題(温室効果ガスの増加)から少し距離を置いて考える。

日本の「エネルギー問題」を再確認する。

地球温暖化問題の本質を見極める。

 

ということで、

数値データを多数使ってお話しいただきました。

お知らせ17:10
8月の定例会を開催しました

8月の定例会を開催しました。

 

今回は、

12月1日から本格稼働する、稲葉クリーンセンターの施設を見学しました。

 

新しい施設では、これまで焼却処理ができなかった、家庭から出るプラスチック類や

革製品等を燃やすことができます。

 

9月1日からの試運転にあわせ、ごみの分別や、指定ごみ袋が変わります。

 

 

【施設見学の様子】

 

 

 

 


 

お知らせ16:53
7月の定例会を開催しました

7月の定例会を開催しました。

 

今回は、

地域材を活かす伝統技術 日本とノルウェイの木造建築の比較

というワークショップに参加しました。

 

建築家のニコラス・クローゼさんとアーティストのエスキル・ロールさんが、

スカンジナビア半島のスタブールと、遠山郷や八ヶ岳山麓にある「板倉」には

多くの類似点があるということで

両国の木造建築について講演されました。

 

第2部では、意見交換会が行われました。

 

 【ワークショップの様子】

 

お知らせ16:05
6月定例会を開催しました

6月の定例会を開催しました。

 

今回は、

21’いいだ環境プラン第4次改定版の概要と飯田市の取組みについて

竹内副会長(飯田市環境モデル都市推進課長)から説明があり、

その後意見交換を行いました。

 

資料はこちらをご覧ください。

お知らせ13:37
竹宵まつり 100万人のキャンドルナイトin南信州が開催されます。

日時 6月3日 土曜日 15時00分から20時45分まで

            19時30分には一斉ライトダウンを行います。

会場 飯田市りんご並木、売木村うるぎ星の森オートキャンプ場

 

あかりの向こうに、きっと何かが見えるはず。地球のこと、家族のこと、考えてみませんか。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

お知らせ16:52
研修視察を実施しました

 当協議会の活動に資する幅広い知見習得のため、10月18日に

三重中央開発株式会社 三重リサイクルセンター(伊賀市)への

研修視察を実施しました。

 

 同社は、持続型資源循環社会の実現を目指す環境創造企業として

収集・運搬から中間処理、再資源化、最終処分まで一貫したリサイ

クル事業を進めるとともに、地域に根差した活動に取り組むなど、

地域の活性化にも寄与しています。

 

 最先端の設備を備えた国内最大規模の施設を見学し、大変有意義

な研修視察となりました。

 

     

         【リサイクル施設】

 

     

         【担当者からの説明】

     

 

お知らせ17:16
南信州森の市を開催します

間伐材の有効活用、木のある暮らしの推進、里山保全、CO2削減を目的に
第1回南信州森の市(飯田地球温暖化対策地域協議会共催)が開催されます。

日時 11月26日 土曜日 午前10時から午後4時まで
   11月27日 日曜日 午前10時から午後3時まで

場所 化石燃料ゼロハウス「風の学舎」(飯田市下久堅下虎岩2160-1)

詳しくはこちらをご覧ください。

お知らせ10:25
おやこ環境フェアを開催します。
環境フェア実行委員会では日々の生活で使用しているエネルギーの問題を考え、生活で生じるごみがどのようにリサイクルされ、また処分されているかを親子で学ぶ機会となるよう、おやこ環境フェアを開催します。
詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.city.iida.lg.jp/site/kankyouseisakujouhou/kankyoufair.html
お知らせ19:37
おひさま進歩エネルギーが「平成24年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を授賞しました。
 1月10日、おひさま進歩エネルギー原社長が飯田市役所を訪問し、牧野市長に地球温暖化防止環境大臣表彰の授賞報告を行いました。  

 おひさま進歩エネルギーはこのほど、「平成24年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を授賞し、昨年12月12日に都内KKRホテル(丸の内)にて授賞式が行われ、原社長が長浜博行環境大臣より、表彰状を授与されました。

 地球温暖化防止環境大臣表彰は、環境省が地球温暖化対策を推進する一環として、1998年から毎年、地球温暖化防止月間である12月に、地球温暖化の防止に顕著な功績のあった個人や団体を称えて表彰するものです。

 表彰は、「技術開発・製品化部門」「対策技術導入・普及部門」「対策活動実践部門」「環境教育・普及啓発部門」「国際貢献部門」の5つの部門で行われました。
 今年度は160件の応募の中から、環境大臣が30の受賞者を決定されました。

 授賞の理由として「循環型社会を目指して、市民の『意志あるお金』による『創エネ』『省エネ』事業」について、市民出資を活かした公民協働の太陽光発電の普及や省エネ機器導入など、エネルギーの地産地消を、地域に密着して進めていることに高い評価を頂きました。

記念撮影受賞報告をする原社長
お知らせ12:32
平成23年度エコドライブ活動コンクール優秀賞
少し前の話になりますが、平成23年度エコドライブ活動コンクールにおいて、本会会員の南信州広域タクシー有限会社(通称:アップルキャブ)が優秀賞を受賞しました!!



エコドライブ活動コンクールは、交通エコロジー・モビリティ財団が主催するエコドライブ取組み優秀事業者を表彰するコンクールです。

平成23年度は、711事業者、1349事業所が参加したコンクールの中で、優秀賞は5者だけが選ばれています。
最優秀賞に選ばれた茨城流通サービス株式会社に次ぐ、2番目の賞です。

コンテストでは、ー菫搬寮の整備、教育の実施、G拡餞浜、こ萋粟果と評価、シ兮骸太咾畔策の5つの面からエコドライブの取組みが評価されます。

南信州広域タクシー有限会社は、そのうち◆銑イ廼砲瓩突ソ─↓,罵ソ┐箸いι床舛鬚い燭世い燭修Δ任后

同社では、3つの営業所に、貸切、乗り合いそれぞれのエコドライブ推進責任者を置いおり、毎月の燃費を日報、請求書等により計算し、11日に一度、燃費のフィードバックをし、運転行動の改善に繋げているとのことです。

これらの取組みより、同社では、燃費が向上するとともに、年間30件という大幅な事故減少につながっています。

また、本会の会員としても、エコドライブ1000人プロジェクトに取り組んでいただいています。
同社では、北陸信越運輸局の管内で最も早くEVタクシーを導入しています。

日頃から、環境活動に熱心な同社の取組みが、外部からも評価され、会としても大変嬉しく思います。

燃費が上がり、事故も減るエコドライブ。
もっと広く普及すると良いですね。

現在、平成24年度のエコドライブ活動コンクールが参加者募集中です。

エコドライブ活動コンクールの詳細は、こちら
南信州広域タクシー有限会社については、こちら
お知らせ11:22
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
最近のお知らせ
カテゴリ
アーカイブ
リンク
お知らせ検索
RSS配信中